2017.11.08種取り作業

だんだんと山々が紅葉してきて、

周りを見上げては「はあ~きれいだなぁ」と癒されながら作業をしています。

 

 

今年の終わりに来年に向けての大事な作業、種取りをします。

元気で実がたくさんなっていて、食味をして美味しい実がなっている樹を選抜。

毎年こうやって選抜していくことで、ここの環境に合った強いトマトになる、はず!

そしてなんとなく

真夏の実よりも、暑さ寒さを経験した時期の実から取った種の方が良い樹ができる気がする!

人間もトマトも経験豊富の方が味わい深いものになるのかも。

 

中まで真っ赤の大玉トマト「アロイトマト」。

甘味だけではなく酸味もあることで感じられる旨味を来年も引き継ぎたい!

 

ワインのような風味が女性に人気の「ブラックチェリー」。

女性を引き付ける魅力を来年も!

 

完熟しても中まで緑色の「グリーンゼブラ」。

見た目のインパクトも酸味も強め。

甘いものが多い中、じわじわと登る人気は来年に続け!

 

実のゼリー部分を含めた種を取り出します。

残りの実はあとでちゃんと食べますよ。

 

密封袋に入れて小さな泡がぶくぶくしてくるまでしばらく放置。

ゼリーが種をがっちりと守っているので、

こうすることでゼリーが種から外れやすくなります。

 

水で洗ってゼリー部分とさようなら。

今まで守ってくれてありがとう。

 

水気を切って乾かします。

完全に乾くまで日陰で一週間くらい。

 

完全に乾いたら乾燥剤と一緒に来年の春に種まきをするまで保管します。

乾かしてもその種の遺伝子は死に絶えることなく、休眠するだけ。

あぁ不思議だな。

 

こうやって引き継がれて、

そして全く同じものができるのではなく、だんだんと味が良い方に変わっていく。

なんだか、

トマト自身の『美味しくなりたい!』という思いを私たちが手伝いをしているだけ、な気がしてくる。

 

来年もそのまた次年も。

長九郎農園のトマトを食べてくれる方を笑顔にできますように!

 

コメントをどうぞ