2019.07.08ミツバチ

今年もトマトの着果を促す為にミツバチを導入しました。

 

トマトの着果に促進剤という薬を使う方もいるけれど、

余計な薬は使いたくないし、

トマトの樹の自然なタイミングで実をつけて欲しい。

 

自然界の生態系で成されているように、

蜂が花に掴まり振動して花粉を集め、

この振動によって受粉しトマトの実ができる。

 

天井だけをビニールで覆った雨よけ程度のハウスなので、

蜂が逃げていかないようにネットで前後妻面、側面を覆う。

これで向かい入れる準備はオッケー。

 

宅配便で届いた蜂箱。

日除けを作り、集められた花粉を目当てに蟻が来ないように、少し浮かせる。

 

 

扉を開けるとぶぅぅんという低い振動音が聴こえて、まずは偵察隊の一匹が出てくる。

そして入り口の方に向いて、

「おーい、出てきても大丈夫だそ」という合図を出すかのごときパドリング。

すると我先にとどんどんと蜂がぶんぶんとハウス内に散らばっていく。

 

でもすぐには花に向かわない。

天井の方や入り口のネット辺りでぶんぶんとしている。

 

蜂はとても賢い。

きっと

自分の巣と飛び回れる範囲と方角を

まずは確認しているのではないかな。

 

少し経つと落ち着いていよいよ働き始める。

 

花に掴まってぶんぶん震えては、隣の花に移っていく。

花粉がまだ出ていない花は素通りしていく。

そして脚の付け根辺りに花粉団子をパンパンにくっ付けて巣へ帰っていく。

 

調べると驚き、働き蜂は全てメス。

オスは巣で待っているだけ。

外で働いてきたメスから花粉を受け取るだけ。

オスの仕事は子孫を残すための女王蜂との交尾行動のみ。

交尾を終えたオス蜂は用済みとなって巣を追い出される・・・

花粉や蜜を自分で集められないオス蜂はそのまま死んでいく・・・

 

子どもを産むのは女王蜂一匹だけ。

それ以外のメス蜂は、

女王蜂と子どもたち(女王の子どもであって自分の子ではない)と

働かないオス蜂の為にせっせと花粉や蜜を集め、

子どもの世話や巣の管理までする。

そもそも巣を作るのもメス蜂が行う。

 

ワタシって何の為に働いてるんだろう・・・

オレの一生って・・・

とか蜂たちが思わずにただひたすらに。

個の幸せよりも族の繁栄。

切ないけれど、その生態のお陰で植物が育っている。

 

 

しかし、

そんな健気に映る蜂にも、人間臭い面がある。

 

蜂には巣箱からの行動範囲が限られているため

巣箱一箱で蜂をハウス全体を行き渡らせられない。

なので、定期的に巣箱を置く場所を変えている。

 

この巣箱は出入り口を操作できて、

夕方蜂が収集から帰ってきた後、外に出られないようにしておくことができる。

そうして巣箱に蜂を回収した翌朝、違うハウスに移動させる。

 

しかし時々、

移動して巣箱がないにもかかわらず、

前日まで巣箱があったあたりを数匹の蜂が彷徨っている姿を見ることがある。

 

これはちゃんと夕方巣箱に帰らず朝帰りした蜂たち。

夜遊びしている間に家がなくなっている、という悲劇。

あれ?家がない!とウロウロ。

どうやら働き蜂の中にもサボる蜂がある程度いるらしい。

葉の裏にじっとしていて、仕事してきました〜としれっと巣に帰る蜂もいる。

 

ただひたすらに生きている蜂にも、個性というものがあるらしい。

 

 

あともう一点大切な事。

私たちがトマトの着果にミツバチを導入するにあたり、

ハウスの周りをネットで覆うのは周りの生態系を壊さないため、だとしてきた。

ハウス周りには元々そこにいるミツバチがいる。

私たちが導入したのも日本のミツバチだけど、

自然の生態系によそ者が混ざらないようにハウス内で一生を終えるようにさせる必要がある。

 

それが主な理由だけど、それだけではなかった。

他の花の魅力の虜になってしまうのを防ぐ為だ。

 

ハウス周りには色々な草花が生えている。

特に、シロツメクサがいたるところに咲いている。

どこにでもあるこのシロツメクサ。

蜂にとってはとても甘くて魅惑の蜜を持っている。

 

対してトマトの花。

蜜はなく花粉がわずかにあるのみ。

 

どちらが蜂にとって魅力的に映るか。

カサカサの花粉か、甘〜い蜜か。

 

 

ずっとハウス内でわずかなトマトの花粉を集めてはみんなが待つ巣へ戻り、

「今日も少なくてごめんね」とか言いながら(勝手なイメージ)

せっせと甲斐甲斐しく働いていた働き蜂も、

何かの拍子にハウスの外に出てしまい、

シロツメクサの甘い蜜を舐めてしまったらどうなるか。

 

一度知ってしまったらもう引き返せない蜜の味。

その蜂はもうシロツメクサの虜。

 

外に出てしまった蜂を網で捕まえて中に入れると、

一応は巣には戻るけれど、もうトマトの花粉は集めなくなってしまうらしい。

シロツメクサの甘い蜜の前にトマトの花粉は霞んで見える、ということか。

 

シロツメクサの虜になった蜂が戻った巣箱内では、

きっとその蜂が他の蜂たちに

「このネットの向こうの世界に甘くて美味しい蜜があったわよ!

こんなカサカサした花粉じゃなくて!」とか吹聴するに違いない。

蜂は賢い。

情報交換だってしているに違いない。

 

トマトの花粉を集めるように育てられた蜂たち。

人間が勝手に操作したものは責任を持って最後まで。

シロツメクサの蜜の存在を知らせずに、

トマトの花粉に蜂の一生を全うしてもらおう。

 

ただ今大玉トマトは子どもの握りこぶしくらい。

ミニトマトは1段目が鈴なりになってきました。

蜂の働きもあり、

もう少しで収穫ができそうです。

 

2019.06.222019年仕事始め〜種まきから定植まで〜

 

マレーシアから帰ってきて、

気持ちを切り替えてお仕事始め。

 

ハウス内の土作りをしながら、まずは種まき。

平成31年4月1日。

次の新しい年号の発表の時を待ちながら一粒ずつ。

セルトレーの各部屋へポトリポトリと落としていく。

この子たちが実をつける頃は次の時代になっているのかぁ、

なんて思いながら。

 

温床マットで加温しながら、

乾燥にも気をつけて様子を見守ること数日。

 

ヒョロヒョロっと芽が出ているのを発見。

毎年のことだけど、あぁとりあえずよかったとホッとする。

 

まだひよっこの芽たち。

日を追うごとにピンっと両手を広げ、

太陽の光を全身に浴びようとしている。

 

いつの間にか本葉も生えて、

小部屋では収まらないくらいにギュンギュンに。

 

ギュンギュンのままだと、

太陽の光を求めて隣の本葉よりも上へ上へと伸びようとして、

細くびよ〜んと徒長した苗になってしまう。

作りたいのは逞しいどっしりとした苗。

なのでここで独立したポットへ移し替える仮植をする。

はぁ〜広々〜という声が聞こえる気がする。

 

このポットで定植までに根をしっかりとはらせるようにする。

 

 

この季節、

周りの山々が芽吹いてきて、その緑が美しい。

まだ小さな苗を見ながら、時折上を見ては目と心に栄養を。

 

 

仮植から数日後。

葉の色が濃くなり、中心部分が鮮やかな黄緑色。

根が動いて張り出している証拠。

ちゃんと教えてくれている。

 

毎日水を定量ずつチョロチョロと。

多すぎず少なすぎず。

その日の天候に合わせて与えていく。

大きくなぁれ、大きくなぁれ。

 

 

しかし、

このポットでも葉がお隣さんとぶつかるようになってきて、

大体本葉が4枚ほどになった頃。

なんと、

子葉を残して本葉を全部摘んでしまいます。

 

せっかくフサフサになっていたのに、

棒切れのようなかわいそうな姿に。

 

ヤケを起こしたわけでもなく。

これにはちゃんと訳がある。

この摘み取り作業から数日後、

茎の脇から出ていた小さな脇芽が大きくなってきた。

 

通常の一つの根に一つの頭の真っ直ぐな苗ではなく、

根は一つで頭が二つの苗の出来上がり。

一つの苗で2倍の収穫が望めます。

植える本数は半分で済む、という理屈。

 

この二股の苗にする理由は、

支出、労働時間を軽減するため。

二股にするということは、

まくタネの数、ポットの数、ポット土、ポット土の肥料も半分で良い。

よってこれらの費用が半分で済む。

もちろん、

途中で葉を全部取ってしまう作業を要するけれど、

その手間と時間を差し引いても、

タネをまく時間、仮植する時間、水やりの時間、定植の時間などなど、

各作業にかかる時間が半分までとはいかなくともかなり短縮できる。

夫婦二人の小さな農園ならではの工夫。

 

6月1日、2日。

種まきから2ヶ月。

全ての苗を定植しました。

今年もお友達家族がお手伝いに来てくれて、最初に少しレクチャーを。

 

千尋よりも少し年上のお姉さんもお母さんと一緒にお手伝い。

 

千尋と一緒に「ダンゴムシがいるよ〜」「ここにもいるよ!」と遊んでくれて微笑ましい。

 

2股の苗なので、こんな風に支柱と支柱の間に植えて両側を固定。

 

普段はマンション暮らしで自然の中で遊ぶ機会が少ない、というご家族。

短時間だけでも大人はリフレッシュと農体験、

子供にも自然に触れさせる経験を与えられて喜んでもらえてよかった。

 

こちらも大助かり!

これまで、

苗を管理しながら土作り、ハウスの天井ビニール張り、畝立てや支柱立て・・・

定植に間にあわせるまでに怒涛の日々だったけれど。

スタート地点に立てられてホッ。

 

 

定植から2週間後のトマトの樹。

小さな実がつき始めました。

収穫は7月中旬頃からかな〜

 

2019.05.04マレーシア 旅行記④〜アズマンさん家族へ会いに行く〜

マレーシア 旅行記続き

 

社員旅行をマレーシアに決めたもう一つの理由は、

アズマンさん家族が住んでいて会いに行くため。

アズマンさんは夫がサラリーマン時代の元同僚。

大学の頃に日本に留学してそのまま日本で就職して夫と知り合い、

彼が帰国したり夫が脱サラして農家になって路が分かれても

細々と連絡を取り途切れなかった縁。

今は故郷のクアラルンプールで家族と住んでいる。

 

事前に連絡をすると、アズマンさんは家に招いてくれた。

夫にとっては10年ぶりの再会。

私はマレーシアの家庭を垣間見ることができるのが楽しみ。

そして図々しくも奥様に家庭料理も教えて欲しいと頼んでおいた。

お店でお料理を食べるのも好きだけど、

一般家庭の料理というのに興味がある。

 

いよいよクアラルンプールの郊外のアズマンさんのご自宅へ。

優しい聡明な奥様と3人の子供たちと家族の一員のようなお手伝いさん。

ちょうどお昼ご飯の時間に招いてくれたので、早速テーブルへ。

 

「soto(ソト)」というマレーシアの郷土料理だそう。

白い四角いのが日本のお餅のやわ〜い感じのもの。

クトゥ・パットといい、

本当は編んだヤシの葉でもち米を包んで蒸すらしいのだけど、

今は袋に小分けされたもち米をレンジでチンっとするだけで出来るものが売られているそう。

 

そのクトゥパットやビーフンと、

ポテトコロッケみたいなものや野菜やピーナッツを銘々皿に取り、

上からチキンスープを好きなだけかけて食べる。

お好みで自家製の辛い調味料をかける。

このチキンスープがかなり美味しい。

あっさりなのに出汁がよく効いていてどんどんいける。

千尋も「スープ、スープ」とバクバク食べる。

 

このチキンスープの作り方を聞いたら、

キッチンへ連れて行ってくれ教えてくれた。

ハーブを色々と使うみたいだけど、何とか日本でも出来そう!

 

食後にあまーーーーいお菓子。

ココナッツ風味と黒蜜が入ったお菓子。

 

夕方は庶民が行く市場へ。

中心地の市場はやはり観光向けになっていて、

楽しみつつもどこか興ざめしてしまうこともある。

アズマンさんにこの場所で週に一回開かれるという、

現地の方達が普段行く市場へ連れて行ってもらいワクワク。

 

量り売りの野菜たち。

 

お、トマト。ヘタは全部取って売られている。

 

トロピカルな果物達。

 

茶色の小さな丸い果物は「猫の目」という意味の名前。

ライチのように中に大きなタネがあり、味もライチに似ている。

 

マンゴー!安くて味が濃くて美味しい。

 

フルーツジュース屋さん。

この白いジュースが初めての味で甘さが程よくて美味しかったー!

「オランダドリアン」というらしいけれど、あのドリアンとは別物らしい。臭くなかったし。

 

魚のすり身のお店。

辛味ソースと絡めてあって、

日本でも食べたことあるような、でもソースが独特でくせになる。

 

サテのお店。

味付けがしてあってパクパク食べられる。

 

他にもスパイス屋さんやおもちゃ屋さんや服屋さんも。

でもどれも地元の方が利用している感じで、生活感があって面白かった!

日本人なんていないけれど、

お店の人と目が合うと手を振ってくれたり、

カメラを向けるとポーズを取ってくれたり。

楽しかったー!

 

アズマンさんの自宅へまた帰り、夕食にフィッシュカレーを教えてもう。

奥様もバリバリに働いているので家事は主お手伝いさん。

インドネシアから来たけれど、

もう何十年とマレーシアに住んでいるからマレーシア料理はお手の物。

そのお手伝いさんが作るのを奥様と一緒に教わる感じに。

フィッシュカレーにはトマトも使う!

「あなたのトマトを使ったらもっと美味しくなるかしら」

と可愛らしいことも言ってくれる。

 

魚はどんなのでもいいらしいけれど、オクラとトマトは絶対に入れるみたい。

ココナツミルクを使い、スープカレーに近いサラサラ系のカレー。

 

それをご飯にかけて食べる。

あっさりの中でもコクがあり、魚の臭みもなくて美味しい。

辛くないから千尋でも食べられる。

臭くならないコツ、スパイスや野菜を入れる順番も教わったから

日本でも作りたいーーー!!

 

アズマン家には子供が3人で10歳女の子、6歳男の子、6ヶ月男の子。

上の二人と千尋は最初は相いれずそれぞれに遊んでいたれど、

放っておいて大人同士話している間にいつの間にか一緒にゴロゴロしている。

上の子はマレー語と少し英語、6歳の子はマレー語、千尋は片言の日本語。

それぞれの言葉で通じない相手に話しているのに、

それでも何となく通じ合っていて

一緒にボールで遊んだり自転車に乗ったり滑り台したり。

子供ってすごいなぁ。

 

 

上の子は「千尋とお話ししたいなぁ」なんて素敵なことを言ってくれた。

千尋が大きくなってマレーシアに行ったことを忘れてしまっても

日本から遠く離れた国で、

自分と話したいと思ってくれている存在がいるということを教えてあげたいなぁ。

 

美味しくて安全で、でも文化が違ってとっても刺激を受けたマレーシア。

今回行けなかった所にもまた訪れたいな。

千尋にまたアズマンさんの子供達と会わせたいな。

バイバイ、マレーシア!

2019.04.30マレーシア旅行記③〜イポー〜

マレーシア旅行記続き

「どうやらイポーという街はグルメの街らしい。」

そんなことを聞いたら行けなきゃね。

マラッカから一旦クアラルンプールへ戻り、

別日に今度はマレーシア鉄道に乗りクアラルンプールから約2時間半。

スケジュール的に日帰りという弾丸の一日。

このマレーシア鉄道でずっと乗っていけばシンガポールにも行けるんだなぁ。

島国にはない感覚。

いつかそんな風にゆったりとした旅もしたいなぁ。

 

あぁしかし、バタバタしていたらまた忘れていた。

マレーシア鉄道の車内も衝撃的に寒い。

高速バスよりももっともっと寒い。

冷得ていれば冷えているほどサービスが良い、という感覚なのかな。

またストールを千尋に巻きつけ抱いて暖をとる。

車窓を楽しむ予定が・・・苦行のような2時間半。

 

やっと着いた!という感じで飛び降りたイポーの地。

イポーは近年スズの生産で栄えたマレーシア第三の都市。

周りを山に囲まれていて、

美味しい食の秘訣はそこから湧き出るミネラルたっぷりの水らしい。

私たちのトマトと同じ!これは期待できそう!と意気揚々に街へ。

 

街並みはとってもレトロな雰囲気。

 

そして第三の都市の割には人がまばらで静か。

 

滞在時間が少ないので、

ピンポイントで行きたいお店だけ、食べたい物だけ食べる。

これを食べなきゃイポーに行った意味がない!という程の品。

チキンともやし!

チキン料理はマレーシアの国民的料理で地方ごとに味が違うらしく、

イポーの蒸し鶏はマラッカで食べた物とも少し違う。

見た目より味付けが濃くなくて

でもしっかり味がしてとっても美味しい!

肉自体もしっとり柔らかくてジューシー!

そしてこのもやし。

たかがもやし。されどもやし。

日本のひょろひょろのもやしと全然違う。

太くてシャキッとしていて食べ応えがある。

さすが、ミネラルたっぷりの湧き水で育てているだけあるわ。

 

 

食後のデザートに!とGoogle mapを見ながら行ったのはこのお店。

 

マレーシア全土に展開する「OLD TOWN WHITE COFFEE」のホワイトコーヒー発祥店。

ホワイトコーヒーとは。

中国から移り住んだ華僑たちによって作られた珈琲で漢字表記だと「白珈琲」。

「白」とあるから、てっきり白いコーヒーだと思っていたけれど。

ここでいう「白」は色ではなく、中国語の「何も加えていない」という意味らしい。

 

この店内で行列になっているエッグタルトの実演販売コーナー。

 

仕切りも何もない目の前でどんどん作っていく。

タルト生地にどんどん卵液を流して

オーブンにどんどん入れて焼いていく。

焼けた物が取り出されるとどんどん売れていく。

 

箱買いの嵐の中、「3個下さい。3箱じゃないよ、3個だよ。」と言いい、

人混みをかき分けかき分けテーブルへ。

マレーシアに限らず、東南アジアの暑い国の珈琲はなんでこんなに甘いんだろう。

このホワイトコーヒーもしっかりしっかり甘い。

対するエッグタルトは甘さ控えめ。

卵の風味がしっかりしている。

卵部分がプリンみたい。

マラッカでもエッグタルトが各所で売られていて、

そちらは卵部分がしっかり焼いてある感じでそれも美味しかったなぁ。

 

この時点でもう帰りの電車の時刻が迫っている・・・。

1本ずらして散策するかここで帰るか。

きっと美味しいものがもっとある。

私達だけなら確実に「なんとかなるよね」と電車をずらして遊んでしまうけれど。

千尋を夜遅くまで連れ回す訳にはいかないし・・・

 

よし!帰ろう!と、駅へ。

帰りも極寒の車内で震えながらの2時間半。

 

移動時間5時間。滞在時間2時間。

強行スケジュールだったけど、満足!

 

美味しいものは人を突き動かす。

ということを身体で分かった1日でした。

 

私達も

「長九郎農園のトマトを食べに2時間半かけてきました」

なんて言われるような、

そしてそんなはるばる来た方達をも満足させられるような

唯一無二の存在になりたい。

 

マレーシア 旅行記、きっとあと1回続きます。

2019.04.26マレーシア旅行②〜マラッカ〜

マレーシア旅行記続き

 

クアラルンプールから高速バスでマラッカへ。

チケットを購入し、約2時間のバスの旅。

 

 

忘れていた・・・

旅行サイトやガイドブックの注意事項を読んでいたのに。

マレーシアの交通機関の車内はとにかく寒い。

外が暑い分、キンキンに中を冷やしてある。

キンキンに冷えている上に身体に直接強い冷房の風が当たるようにしてある。

私はストールを巻いていたからそれを千尋にぐるぐると巻き、

3人でくっついてお互いに暖め合う。

快適温度、とか節電、とかクールビズとかを教えてあげたい。

 

マラッカに着き車外に出ると冷えた身体がじんわりと溶けていく感じがする。

あ〜暖かい〜と思った直後に暑さがぶり返してくる。

マラッカはクアラルンプールより暑いんじゃないか!?

 

マラッカで見るべき場所はキュッと狭い範囲に固まっていて、

その中心が「オランダ広場」と呼ばれるオレンジ色が印象的な建物に囲まれた場所。

 

アジアの観光客だらけ!(私たちもだけど)

それもそのはず。

マラッカは街全体が世界遺産に登録されている。

1396年にマラッカ王国が誕生してから400年以上の間に

オランダ、ポルトガル、イギリスなどのヨーロッパに支配されてきた街。

第二次世界大戦の終戦間近には約3年半ほど旧日本軍も占領していた。

その歴史の跡があちらこちらで見ることができる。

 

今ではマラッカのシンボルになっている500年以上前の「サンチャゴ砦」。

外からの攻撃に備えるために当時支配していた

ポルトガルの総督によって建てられた外壁の一部、

 

日本にキリスト教を布教した「フランシスコ・ザビエル像」。

記憶の中の教科書で見たザビエルと何か違う・・・。

あれ、禿げていない。むしろフサフサしている。

あの教科書に載っているフランシスコ・ザビエルは

カトリック教会の修道士によく見られる

「トンスラ」という頭頂部を剃った髪型らしい。

 

日本に来る前はこのマラッカの地でも布教活動をしていて、

丘の上には今や天井が朽ち落ちたセントポール教会が残っている。

そび丘から臨むマラッカ海峡。

大航海時代、あの海から様々な国がこの地を奪おうと押し寄せたのだなぁ。

晴れた日には海の向こうにインドネシアの島が見えることもあるらしいけれど、

この日は残念ながら霧がかっていた。

こんな混乱した背景のある街だけど、

今ではそのミックスされ残されてきた文化を見にくる観光客を相手に

たくましく生きる現地の人達。

 

夫婦二人だったら絶対に乗らないであろう、

「トライショー」というキラキラとした装飾の自転車タクシーに乗った時、

ガイドのおじさんが

「僕の街は色々な国に支配されてきたけれど独立した。だから一番強いんだ」と

笑いながら話していたのが印象的だったなぁ。

 

メインストリートのジョンカー通りは人混みが凄すぎたけれど一本外れると静か〜。

現在の伝統工芸品はもちろん、

統治下時代の物が売られているアンティークショップも点在している街並み。

 

夜はジョンカーストリートがナイトマーケットで賑わう。

日中は車が行き交う通りがいつの間にか出店で溢れかえっている。

 

ぶらぶらするだけで楽しい。

 

マラッカといえば、ババニョニャ民族によるニョニャ料理。

中国系移民と現地マレー人女性の間に生まれた男性をババ、女性をニョニャといい、

どちらの宗教や文化も融通させて生活していたのが素晴らしいなぁと思う。

その家庭料理として今も残っているのがニョニャ料理。

絶対に食べたいと思っていた一品が「チキンライスボール」。

鶏肉と一緒に炊いたご飯を丸めたもので、モチっとした食感。

蒸し鶏、グリルした鶏も注文してタレをつけながら食べる。

どんどん食べられる!千尋もパクパク。

 

ここでもやはり色々な宗教の方でも食べられる鶏肉料理が盛ん。

 

「マレーシア最古の街」と呼ばれるだけあって複雑な歴史をそのままに、

その中にたくましさも垣間見える街でした。

それにしても、もうちょっと歴史を勉強してから行けばよかった。

 

マレーシア旅行記、もうちょっと続きます。