2018.01.16美味しい鍋

2018年になり、気が付けばもう1月も後半。

 

昨年末は毎年恒例のお餅つきを楽しんだり、

お友達や両家のいとこ達に会って一緒に遊び、我が子も大きく成長しました。

 

話せる語彙が増え「ぺったん、ぺったん」としきりに言っています。

 

 

今冬は雪の降り始めが例年より早く、ハウス周辺も雪で真っ白。

それでも例年からすると積雪はまだまだこれから。

今年も2mくらいは積もるかな。

 

冬はやはり、お鍋。

ベースの味や入れる具材で出来上がるお鍋は無限大。

最近、

冷凍庫に入れままになっていた冷凍トマトを味噌鍋にいれてみました。

 

フレッシュな生トマトをチゲ鍋に入れたときは、

ピリ辛なスープで温まったトマトを崩しながら食べたのですが、

冷凍トマトはぐつぐつ煮込むと形がなくなるほどぐずぐずになり、スープになじむ感じに。

フレッシュトマトの鍋をイメージしていたので、あらら残念だわ、と思っていたら、

味噌にトマトが溶け込んだこのスープがまた違ったうま味!!

シメのうどんが最高でした。

中華麺でもよかったかなぁ。

 

お鍋はうま味の宝庫!

三大うま味成分といえば、グルタミン酸・イノシン酸・グアニル酸。

 

グルタミン酸は、

人間や動植物のカラダの元になるタンパク質を作る「アミノ酸」。

イノシン酸とグアニル酸は、

生物の増殖をはじめとする生命活動の維持に重要な働きをする「核酸」。

 

お鍋の主な食材でいうと、

グルタミン酸は昆布や白菜などの野菜、

イノシン酸は肉や魚、

グアニル酸は干しシイタケなどのキノコ類に多く含まれています。
ちなみに、トマトは「アミノ酸」であるグルタミン酸とアスパラギン酸が含まれています。

昆布で丁寧に出汁をとり、自家製の味噌でベースをつくる。
お野菜は近所のおばあちゃんが育てたもの。
そして丹精込めた我が家のトマト。

 

化学的な栄養素以上に美味しくなる要素が詰まったお鍋。

 

おいしいおいしいと食べて、それが健康に繋がっているなんて上手くできている。

あぁ健康って美味しい!

 

 

2017.11.08種取り作業

だんだんと山々が紅葉してきて、

周りを見上げては「はあ~きれいだなぁ」と癒されながら作業をしています。

 

 

今年の終わりに来年に向けての大事な作業、種取りをします。

元気で実がたくさんなっていて、食味をして美味しい実がなっている樹を選抜。

毎年こうやって選抜していくことで、ここの環境に合った強いトマトになる、はず!

そしてなんとなく

真夏の実よりも、暑さ寒さを経験した時期の実から取った種の方が良い樹ができる気がする!

人間もトマトも経験豊富の方が味わい深いものになるのかも。

 

中まで真っ赤の大玉トマト「アロイトマト」。

甘味だけではなく酸味もあることで感じられる旨味を来年も引き継ぎたい!

 

ワインのような風味が女性に人気の「ブラックチェリー」。

女性を引き付ける魅力を来年も!

 

完熟しても中まで緑色の「グリーンゼブラ」。

見た目のインパクトも酸味も強め。

甘いものが多い中、じわじわと登る人気は来年に続け!

 

実のゼリー部分を含めた種を取り出します。

残りの実はあとでちゃんと食べますよ。

 

密封袋に入れて小さな泡がぶくぶくしてくるまでしばらく放置。

ゼリーが種をがっちりと守っているので、

こうすることでゼリーが種から外れやすくなります。

 

水で洗ってゼリー部分とさようなら。

今まで守ってくれてありがとう。

 

水気を切って乾かします。

完全に乾くまで日陰で一週間くらい。

 

完全に乾いたら乾燥剤と一緒に来年の春に種まきをするまで保管します。

乾かしてもその種の遺伝子は死に絶えることなく、休眠するだけ。

あぁ不思議だな。

 

こうやって引き継がれて、

そして全く同じものができるのではなく、だんだんと味が良い方に変わっていく。

なんだか、

トマト自身の『美味しくなりたい!』という思いを私たちが手伝いをしているだけ、な気がしてくる。

 

来年もそのまた次年も。

長九郎農園のトマトを食べてくれる方を笑顔にできますように!

 

2017.08.19Uターンラッシュ

お盆を過ぎてから一気に涼しくなりました。

夜、窓を開けて網戸で寝ていると寒くなるほど。

 

過ごしやすくなってきて、つくしもユキオもシャキッとしています。

 

 

農園前の田んぼの稲穂はまだ青いけれど、徐々に垂れ下がってきている。

あ~秋だなぁ。

 

毎年繰り返されるお盆の帰省ラッシュとUターンラッシュ。

その“数十キロの渋滞”というユースに身震いがする。

サラリーマン生活から脱出し一般的な休みのパターンと離れると、

少しでも人が少ない時に行動することに慣れてしまう。

 

はぁ、みなさまご苦労様です。

 

しかしかく言う当農園も只今Uターンラッシュ。

 

8月中旬現在、

トマトの樹は上を目指してぐんぐん伸び、支柱の高さを超えるほど。

 

トマトの樹は倒れないように成長の度に支柱に留めていくのだけれど、

支柱の高さを超えた樹の先端はぐわんぐわんにさらに伸びていく。

 

そのままでは収拾がつかないことになってしまうので、

ここでトマトの樹をUターンさせるのです。

 

上に伸びでいるトマトの樹の先端をぐにっと後ろに曲げるように固定します。

 

ちょっと写真では分かりづらいけれど、ちょうど背面飛びみたいな感じ。

 

後ろに曲げられた樹は折れることなく、実の重さでそのまま下に下に伸びていきます。

高下駄を履いたり梯子を使わなくても楽に収穫ができる。

 

 

トマトの育て方は千差万別。

収獲期間の長さやハウスの構造などによっても色々なやり方がある。

 

当農園はミニトマトは斜めに誘引している。

 

以前、成長が早いミニトマトの樹をUターンさせてみたら、

あっという間に裏側で樹の先端が土についてしまいジャングルと化してしまった。

 

今のところミニトマトは斜めにしているけれど、難点は収穫がしづらいこと。

どんどん実がなるので、上の実が下の実にかぶさってきてしまう。

 

なんかいい方法はないかなぁ。

 

と、毎年試行錯誤しながら育てています。

 

 

 

2017.07.15人が作るトマト

今年もいよいよ収穫が始まりそう。

ミニトマトも少しずつ色づいてきて、

 

大玉トマトもパンパンで「もうすぐだよ」っていう表情。

 

作業中に聴くのはいつもラジオ。

単純作業の時は音楽よりもラジオから流れる人の声の方が没頭できるのです。

 

先日ラジオ番組のあるコーナーに出てきたのは「工場長」という雑誌の編集長。

あらゆる職種の「工場長」について雑誌。

その中で食品工場についての話題になり、食品業界の最近の傾向について触れていた。

コンビニ業界や外食チェーンで使われる、そのまま客の口に入る形の物を作っている工場の場合。

工場はもちろんコンピュータ管理の下オートメーション化されて効率よく食品を作っているのだけど、

そこでは人がつくったようにわざと少しだけ荒くするのだそう。

 

例えばだし巻き玉子の場合。

賢いロボットたちは玉子をきれ~いに完璧に撹拌することができるのだけど、

そこで少し玉子の白身を撹拌しきれない感じに残すらしい。

そのほうが美味しそう売れるから。

こと食品に関しては完璧にきれいなものより、

そこに人の温かみを感じられるものの方が「食べたい」という気にさせるということなんだろうな。

 

野菜はどうなんだろう。

 

最近観た「最先端トマト栽培」というようなテレビ番組にて。

土を使わずに液肥で育てる工場のようなハウス。

育苗から収穫までほとんどロボットがまかなう。

実の色具合(熟れ具合)をロボットが判断し明日の収穫高を予想してくれる(ちょっといいかも)

農家(と言っていいのかな)はほとんどトマトに触らずPCの前。

 

別に

土に汚れて仕事をするのが美しい、とか

自分たちのやり方が一番!と思っているわけではなく。

食べ物に対する考え方が様々な分様々な農法があって当たり前。

私たちも今のやり方の中でどんどん最新技術を使っていきたいし

お世話にもなっている。

ただ、

昔からの農法や自然に寄り添った農法の反対側にあるのが「最先端技術」ということではないと思う。

 

食品工場のだし巻き玉子の例で言うと、

テレビで見たような野菜工場がこの先もっと増えていって、

むしろ野菜をロボットが作ることがメジャーになっていったら、

逆に『このトマトは人が作っています!』というのが売り文句になったりして。

2017.05.25身体をつくるトマト

日中、気温が高くなってきて

その分夕方が心地よく感じる季節になってきました。

 

家の周りをぶらぶらと散歩をしたり、

 

鳥や虫の音を聴きながら夕涼みをしたり。

 

「今が一番いい季節だね」という人もいるくらい。

 

種まきから約2か月。そろそろ定植の時期なってきました。

収獲の時期も遠くない。(早く食べたいなぁ)

 

現在ムスメは8か月。

ムスメに離乳食を初めて与えた時。

そのまっさらな身体に私の手を通して物が入っていき、

それが彼女の身体をつくっていく事に対して

責任がどどーんとのしかかるのを実感。

 

そして思い出す。

最近知り合ったあるシェフの言葉。

我々はお客様の命を預かっている

ストンと胸に響いた。

 

決して大げさなことではなく、

トマトという口に入れるものを提供する者として私たちも同じ意識を持っていたい。

 

嗜好のためだけに人は食べるのではなく、そもそも生きるために人は食べる。

 

お客様に食べてもらう私たちのトマトには、

身体を作っていくに値する栄養が含まれていなければいけない。

化学肥料や化学合成農薬を使わないのはそのため。

そのうえで、

どんな土で、どんな水で、どんな肥料でトマトを育てるのか日々研究。

 

 

ムスメに食べさせるのと同じ気持ちで、お客様にも提供していきたい。