2019.04.16マレーシア〜クアラルンプール〜

いい仕事をするために。 私たちがこの休み期間中に出来ることことはいい遊びをすること!

 

私は3年ぶり、夫は2年ぶりの社員旅行へ。

山間で気ままに暮らす2歳児の千尋によい刺激を与えるため、

多民族多宗教で、料理が美味しくて、政治が安定している国としてマレーシアを選択。

 

飛騨から「雪が積もった!」という連絡を受けてマレーシアに到着した日、

首都クアラルンプールは36℃!

 

暑くてクラクラしている私の横で、

ピンピン元気な夫。

 

首都クアラルンプールは有名なツインタワー周辺はピッカピカ。

道路も歩道も植えられたヤシ(?)の木も整然としている。

でも少し離れると路地や排水溝に溢れるゴミ、

いつまでも故障中のエスカレーターやエレベーター、

なぜかどれも一定程度に薄汚れて朽ちて見えるビルやマンション群。

 

日本の「これが当たり前」「こうじゃなきゃいけない」ということが

他の国では「別にこれでいいんじゃない?」で回っているんだろうなぁ、と

曲がっているものの方が多い道路標識とか

やる気もなく素っ気ない(それがきっと普通)店員さんたちを見ると感じる。

どちらが良い、という訳じゃなくて生活感が伝わっておもしろい。

 

まぁ、曲がっててもわかるけどね。

交通標識の人のシルエットって国によって微妙に違う気がしておもしろい。

 

マレーシアですごく感心したのは「Grab(グラブ)」という移動手段。

旅行の際いつも移動は公共交通機関を使う。

バスでも電車でも、現地の人と触れ合えるしマナーも含めその街の雰囲気もよく分かるから。

でも今回この「Grab」という配車サービスアプリを利用してみて、実感!

 

楽!安心!便利!

目的地に行ってもらえる車をアプリで検索すると、

びっくりするほどすぐ見つかるし自分がいる所にすぐに来てくれる。

車の色とナンバーがスマホに表示されるからこちらも見つけやすい。

運転手に目的地を改めて伝える必要がないから言葉の壁も関係ない。

決められた金額をカードで決済するからぼったくりの心配もない。

ガソリンが安いマレーシアだからなのか、乗車料金も安い。

下車してこちらが相手を評価してから決済されるからか、乗せる方も気を使ってくれている。

首都のクアラルンプールだけでなく、他の街でもすぐにGrab車が見つかる。

 

暑い中歩き回りたくない時、

なんか疲れた時、

目的地が駅から遠い時、

早朝空港まで行かなければいけない時、

結構頻繁に使わせてもらったけれど、なんの不安もなかったし不満もありません。

 

日本語が出来ない外国の方が日本でも旅行しやすいように、

Uberがもっと日本で普通に利用できるようになっていたらいいのに、と思う。

 

マレーシアには様々な人種が暮らしているけれど、国教はイスラム教。
クアラルンプールでは街のいたるところにイスラム教の象徴である星のデザインが見られる。

 

駅の天井とか、

 

植木の元とか。他にも細かいところにたくさん見つけられる。

 

イスラム教のモスクはトルコを旅行した時にたくさん見て衝撃的だったから、

今回は見れなくてもいいかなぁと思っていたけれど、

せっかくなので有名なモスクを2箇所訪れた。

まずは「ピンクモスク」と呼ばれる『プトラモスク/Masjid Putra』へ。

 

中心地から離れた場所にあるので、もちろんGrabで移動。

最高裁判所とか首相官邸なども点在する行政区の中にあって観光地区でもあるためか、

モスクの中はムスリムよりも観光客でいっぱい!

本来はムスリムがお祈りをする場所なので入場規則がたくさんあり、

千尋は入場する年齢に達していないため入場できず。

短パンの夫はローブを借りれば入れるけれど千尋と一緒に外で私を待ってくれることに。

カウンターでピンク色のローブを借りて中へ。

 

 

中もピンク色で女性っぽい。

 

しかし、

36℃の気温と石畳からの太陽光の照り返しと鮨詰め状態の観光客の熱気と分厚いローブ・・・

暑くて暑くてじっくり見る気力もなく、ささっと回って外に出る。

 

 

 

そしてブルーモスクと呼ばれる青と白が美しい巨大なモスク。

正式名称は、長くて覚えられない・・・

「マスジッド・スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・シャー

(Masjid Sultan Salahuddin Abdul Aziz Shah)」

 

ここは千尋も入れたので、青いローブを借りて中に入る。

夕方ということもありローブを着用していてもそこまで暑くない。

多分ここも観光客がたくさん来ているのだろうけれど、

広々としているからかあまり会わなくて静かで厳かな雰囲気を味わえる。

 

中では真剣にムスリムたちがお祈りをしているので写真もそこそこに。

ここでも千尋は走り回ったりゴロゴロしたり。

広いから開放的な気分になるのかな。

 

 

様々な人種が暮らしているということは、その分色も豊かということ。

マレー系、中華系、インド系、そのミックス。

それぞれの食文化を全部味わいたい!

 

千尋のはまだ辛いものは食べさせていないので、

一応私のカバンに千尋用のパンを忍ばせてまずはインド人街へ。

千尋も食べられるように辛くないのもある?と店員さんに聞いて

ランチプレートみたいなのを注文。

 

「これは辛くないよ」と言われた物はまぁまぁ辛く、

「これはちょっと辛い」と言われたのはすごく辛い!

でも辛いけど癖になる味。辛い!でも食べたい!を繰り返す。

結局全部辛いので、

千尋はパンとレジ横に売られていたバナナ、フレッシュオレンジジュース。

インドの2歳児は何を食べているんだろう。

 

夜は中華系やらベトナム系やらごちゃごちゃしたご飯街へ。

ここでは辛くないのもあって千尋もたくさんもぐもぐ。

 

 

お土産探しは100年以上前からあるセントラルマーケットへ。

 

小さいお土産屋さんが所狭しと並んでいる。

夫は旅先で買うと決めているTシャツを探したけれど、ピンとくるものがなかったらしい。

私は配る用に「なまこ石鹸」を購入。

日本語で「ナマコセッケン アルヨー」と呼びかけられる。

 

千尋は。。。日本では絶対に売っていないであろう時計を欲しがる。

3匹のミッキーマウスっぽいネズミがくるくる回って光る代物。

(どこにもDisneyとかMickey Mouseとは書いていない)

著作権を無視したコピーものが露店などで溢れているのもアジアっぽい。

 

暑くて暑くてマーケット内で買ってその場で食べた棒アイス。

一見何味か分からなかったけど、思い切って食べたら意外と美味しい。

 

 

クアラルンプールに数年前に出来た話題の

「世界一静かなスターバックス」にも行ってみた。

このスタバはスタッフのほとんどが聴覚にハンデのある方で、

店頭には”STARBUCKS”を示す手話も書かれている。

このデザイン、かっこいいなー。

 

注文方法は簡単で注文用紙に数を記入するだけ!

 

私が注文した「3種類のシトラスジュース」が全然出来上がらなくて遅いなぁと思っていたら、

店員さんが繰り返しかけるボードを持って出てきて何やら書いている。

「3種類のシトラスのうち、赤いシトラスの在庫がありませんでした。2種類になってもいい?」

手話は出来ないから身振りで「okよ」と示すと

「ごめんね、でもありがとう」と またボードに書いて笑顔と共に見せてくれた。

1つ欠けた2種類のシトラスジュースは醤油みたいな味であまり美味しくなかったけれど、

色々な壁を乗り越えて店員さんと通じ合えたことで心はとっても爽やか。

注文方法といい、ボードを用いた接客といい、

聴覚にハンデの有る無しに関わらず

異国間で言葉の壁がある場合にも単純にとても便利な方法だなぁ。

本当に静かな店内で、千尋もずぅーっと父ちゃんの背中で静かにしていました。zzz

 

 

色々とボーダレスなマレーシア旅行記、まだ続きます。

2018.12.17師走

先日、

朝起きると一面真っ白。

いよいよこの雪の季節になりました。

長い長い冬の始まり。

 

千尋はしきりに外に行きたがり、帽子も手袋もブーツも嬉しい様子。

雪国に生まれたからには存分に楽しんでほしい。

 

 

気づけばもう12月。

子育てでバタバタして、この夏が遠い日のようだなぁ。

 

 

振り返ると、この夏は7月の大雨やらその後の日照りやら台風ラッシュやら。

わんさか押し寄せた災害で散々だったけれど、

これからもこういう年があるかもしれない。

 

異常気象は置いといて、自分達ができる具体的な改善点。

明確に「あれが悪かったなー」という点が一つ。

今年は苗を植えた畝(うね)にマルチ(ビニールなどで覆うこと)をしなかった。

 

マルチをしなかったのは、土中が蒸れて熱くなって根が弱るのでは、ということと、

マルチがない方が途中で追加で肥料をまくときに作業がしやすいため。

直接パラパラと肥料をまけばオッケーだから。

 

昨年まではビニールマルチをしていたのだけど、その長さが50メートル。

ビニールを少しずつめくりながら肥料をまいていくのはそれだけで時間がかかる。

 

しかし。

今年マルチをしなくて分かったことは、

畝の保湿が出来ずに土が乾きすぎてしまうということ。

これは今年の異常な高温のせいでもあるのだけど。

 

土が乾きすぎて根が水を吸えず、

トマトの樹が実を大きくするよりも

自分のカラダを守る方にエネルギーを使うため花を落としてしまうことも。

 

ミツバチは花粉集めるとき花の先に掴まってブンブンと揺らす。

この行動によりトマトの花の受粉ができていたのに、

異常な高温が続いてきた頃になると花が咲いても花粉が出ず、

ミツバチが花粉を探して飛び回っているのに花に掴まらずに通り過ぎていた。

よって受粉ができず実もならず。

 

ミニトマトの樹は危機を感じてより多くの子孫を残そうと、ブワッと異常な数の花が咲いた。

花の数は多いけれど大きさは極小で膨らまず。

 

来年は畝にマルチをすることにしよう。

 

私たちのポリシーは、

「働く自分たちも健康的に、お届けする方も笑顔にできる持続可能な農業経営」。

そこへのアプローチはいく通りもある。

 

働く自分たちも健康的でいるためには、化学的な農薬は使わずに。

お届けする方も笑顔にするには、味が良いものを。

持続可能な農業をするには、化成肥料わず環境に配慮して。

経営をしていくためには、収益を上げ続ける。

 

これらのポリシーは曲げたくはないけれど、アプローチの仕方をいろいろと変えてみる。

 

このやり方はどうかな、

これがダメならあっちはどうかな。

その年で一通りしか試せないけれど、試行錯誤しながら目的地へ向かっている。

 

 

今年は失敗したけれど、これはちゃんと根拠のある失敗なのだ!

ダメな理由を明確化した実証済みの正真正銘の失敗だ!

だから今後この点では失敗しないぞ!

来年は今年よりも良くならないはずはない!!!

2018.09.13取捨選択

大げさではなく、人生は選択の繰り返しで。

どれかを選ばなくてはいけないとして、

選んだ結果がどうであれ選んだ道が最善なのだと思うようにしている。

 

 

先日の台風21号。

私たちのハウスは頑丈なガラス張りのものではなく、鉄骨にビニールをかけたタイプの物。

以前にも台風の暴風でビニールがはがされ、その引っ張られる力で鉄骨がぐにゃりと曲がってしまったことが。

 

台風が発生し、飛騨に接近するというニュースを知った時に選択するべき道。

1、ハウス全体をビニールで密封する。

→一つの箱のようにする。

2、天井ビニールはそのままで、ハウスの前後横を開けて風が通るようにする。

→少し風が強いけれど耐えられそうなとき。

3、天井ビニールも降ろして鉄骨だけにする。

→猛烈な風の時。

 

少し悩みましたが、進路と勢力から3を選びました。

 

もし1,2を選び、台風がハウスが耐えられる以上の勢力だった場合。

暴風により天井ビニールなどが破れる。

煽られる力によってハウスの鉄骨に付加がかかり、最悪の場合ハウスがゆがんだり潰れてしまう。

この場合、今期の収穫はもちろん絶望的で来年はハウスの建設から始める必要がある。

新しい設備を購入しなければいけなくなり、費用がかかる(保険があるが全額ではない)。

 

3を選んだとしても、トマトが確実に雨風にさらされる。

普段は雨除けをして水も最小限でしかあげていない状態なので、

急に大量の雨をかぶると実が割れたり病気になったりする。

 

 

どれを選んでもそれなりのリスクがある。

 

何年も農業をやってきて必要だと感じたこと。

情報収集、経験、勉強、信念に加えて決断する勇気と潔くあきらめること。

 

台風が接近するのは仕方がないとして、

それでも最小限の被害で収めるにはどうすればよいのか。

どれを選んでも「絶対に大丈夫」という保証はなく、

 「選ばなかった方法でも大丈夫かもしれない」という思いがまとわりつく。
しかし現実として台風は近づき、
選択するのは自分で、対策作業をするのも自分で、責任を負うのも自分で。
選択するのは怖いけれど、勇気をもって決断する。
守るモノの前の小さな被害はあきらめる。
そして9月4日の夕方。
暴風雨とともに台風21号が通り過ぎて行きました。
ビニールを降ろしておいたことでハウスの倒壊の恐れはないためか、
以前降ろさなかった時のように吐きそうになるくらいに心配になっていたことはなく、
過ぎ去った後のどういう手順で復旧させていくかを話し合うことができました。
5日の朝、状況を見に行くと、
外れた番線で隣に寄りかかるトマトの樹の列、倒れた樹、落ちたトマトの実。
想像できた光景なので比較的冷静に受け入れることができました。
さぁさぁ、片付けましょう。
そしてまたビニールを張りなおして出直しましょう。
鉄骨の横に縛り付けておいたビニールに雨水がたまり、
それをバシャッと流すのにも時間がほど。
ただでさえ重たいビニール(ビニールといっても分厚いため)。
濡れたビニールを天井にあげるのはかなりキツイ。
幸いにも次の日は晴天。しかし予報では晴れ間は2日間のみ。
これ以上トマトが濡れないように急いで急いで。
なんとか天井ビニールを晴れている間に張り直し、もうへとへと。
これ以上濡れる心配がなくなった後、倒れた樹の起こし作業。
これも最近終えました。
他の地域の被害情報を聞くと、全ハウスのビニールが飛んだりハウスがぐにゃりと曲がったり。
もう今期は絶望的な状況な方々が多い。
私たちもトマト自体に被害をけっこう被ったけれど、
まだまだ収穫できることを喜ぼう。

2018.07.15日常

ついそこにあるのが当たり前だとおもてしまうのだけど、

大災害が起こるたびに「日常」を送れることがどれほど貴重なことか、思い知らされる。

 

私たちの日常。

美味しいトマトたちをたくさん作れるように切磋琢磨し、

それを食べた方が美味しいと笑顔になること。

 

5月末と6月頭に定植。

 

 

大地に根付いたトマトたちは文字通り、ぐんぐん ぐんぐん。

 

次の日見ると、あれ 昨日より伸びている!と驚くほど。

 

 

先に定植したミニトマトは一気に色づいてきました。

ハウスに入ると青い匂いがする。

写真を撮ろうとレンズを近づけると、そのままパクっと食べたくなる。

 

あぁいよいよみなさんにお届けできるのだなぁ。

楽しみなのと同時に、

今年の出来はどうかな、と少しだけ不安にもなる。

 

ありがたいことに毎年注文してくださる方々がいて、

トマトを送った後に「今年のトマトは美味しかったですか???」と前のめり気味に聞きたくなる。

 

たくさんのトマト農家さんがいる中で、

こんなにちいさな農園を見つけてくれて注文をしてくれる。

毎年のように注文をしてくれる方もいる。

ぶんぶんと握手をしたい気持ちでいっぱいだけど、

「トマトだけでつながっている仲」っていうのも悪くないなぁ。

 

『トマトで繋がる輪』...いいね!!

 

 

※お取り扱い店舗さんへのお届けは今週から。

個人さまのお取り寄せは8月から開始予定です(変更あり)。

2018.04.25種から苗へ

桜が散り、つばめが今年も巣を作りに飛来するようになりました。

 

灰色だった周りの山々が徐々に新緑でモコモコに。

冬の間に落ちた葉が新しく生まれ変わって芽吹く様子が遠くからでも目に見えてわかる。

この時期しか見れない新緑の形容しがたいみどりいろ。きれいだなぁ。

 

そして、長九郎農園のトマトも新しく生まれ変わるべく、

昨年種取りをして保存していた種をまきました。

(昨年の種取りの様子→http://www.choukuroufarm.com/?p=4817

 

休眠中の小さな種。

 

小部屋に一粒ずつ。

 

土をかぶせて数日。

休眠から覚めて土の隙間からよろよろと小さな芽を出しました。

 

適温を保ち、日光と水分を得てすくすくと。

手を広げているみたい。

 

あっという間に小部屋が狭くなって隣同士が重なり合ってくる。

今度は独立部屋であるポットへ植え替え。

 

 

種まきは200粒がまけるトレーを使うので、管理の場所も広くなくてよいのだけど、

ポットに植え替えたことで、ドドーンと向こうの方まで苗苗苗。

 

そして水やりも一ポットずつ。

土の中で水を探し求めることでしっかりとした根ができる。

そのために少しずつ、天候に合せて水をちょろっとあげていく。

 

これでもまだまだ小さい苗。

それでもあの種からみればずいぶんと大きくなったなぁ。

 

うちの子も。

もうすぐ1歳7か月。

まだ小さい子供だけれど、このお腹に収まっていたことを思うと、大きくなったなぁと日々思う。

いつの間にか少しずつ言葉を話し、できることも増えていく。

成長というのは、不思議。

 

外で遊ぶのが大好きで、

「とうちゃーん」と走り寄っていく。

 

途中で水たまりを見つけたみたいで、バシャバシャと水遊び。

長靴で水の中に入るだけで楽しいみたい。

 

そして、すっころんで全身びしゃびしゃ。

 

こちらもすくすくと育っています。